カプセルトイを店に設置

「カプセル」に小型のフィギュアやおもちゃなどが入ったいわゆる「ガチャガチャ」の事を、今では「カプセルトイ」と呼ぶそうです。様々なメーカーが色んな種類を出して、どれか特定の呼称を使うと商標になるからでしょう。カプセルトイもその形態から、実は自動販売機の一種に該当します。つまり店前にカプセルトイを設置するという事は、店前にジュースなどの自動販売機を設置する事と理屈の上では同じです。カプセルトイを店に設置する場合、そのやり方には以下の2通りがあります。オリジナルのカプセルトイを設置する方法と、業者に設置場所を貸すという方法です。

店舗で独自のカプセルトイを作成して設置することを考えている場合は、販売機と中身のオモチャの両方を用意しなければなりません。きちんと利益を出すためには、どんな中身にすればよいのか、どこに設置するのかについてもよく考えておきましょう。一方、業者に設置場所を貸す場合には店としては場所代を収入として貰う事ができます。オリジナルを設置する場合と違い、中身の補充や代金回収は業者の仕事になります。

オリジナルのカプセルトイを設置するのではなく、業者に設置場所を貸す場合には、業者と契約を結べば良いだけです。業者は多くの場合に、商業施設や量販店、玩具専門店や外食店、それに公共施設等にカプセルトイを設置させてもらい、設置場所の管理者に対し場所代を支払っています。場所代は業者によって様々な計算方法がありますが、多く販売出来た場合に場所の管理者にも多く場所代が支払われる場合があります。その際には場所を提供する側としても、「良い場所」を業者に提供したいですね。